色々な意味で完敗!な竹岡沖釣行

釣行記
スポンサーリンク

年末恒例になりつつある、ダイワ・船ブロガー荒井様との釣行です。

釣行概要とタックルデータ

まずは釣行概要とタックルデータです。

日付2021/12/28(火)
天気晴れ
釣り物カワハギ
船宿金沢八景・弁天屋さん
ポイント竹岡沖/17~26m
釣果28枚

本日のメインタックルは黄色マーカーを入れています。

ロッドリールライン
その1シマノ
ステファーノ攻H177SP
シマノ
ステファーノ201XG
ダイワ
UVF PEデュラセンサー×8+Si² 1号
その2 シマノ
ステファーノリミテッド175
シマノ
ステファーノSS 101HG
ダイワ
UVF PEデュラセンサー×8+Si² 1号
その3シマノ
ステファーノXR M180
シマノ
ステファーノSS 101HG
ダイワ
UVF PEデュラセンサー×8+Si² 1号
その4ダイワ
極鋭カワハギRT AGS ボトム
シマノ
ステファーノ201XG
ダイワ
UVF PEデュラセンサー×8+Si² 1号
その5ダイワ
極鋭カワハギRT AGS SF
シマノ
ステファーノSS 101HG
ダイワ
UVF PEデュラセンサー×8+Si² 1号

カワハギの基本的な釣り方はコチラの記事↓もご確認ください。

釣行記

毎年の恒例になりつつある弁天屋さんからの年末釣行に、船最前線・ブロガーにして、DKO最年少ファイナリスト/表彰台経験者の荒井様(よしのすけ様)と竹岡沖ガチバトルに。
ガチバトルというか、禊釣行になりましたが・・・

朝の状況

荒井様の前情報から、ある程度魚のサイズ・針は絞り込めていたので、いつも通りの竹岡スタイルで釣り開始。
前釣行でも調子のよかった、キャスト中心の釣りです。
早々に3枚ほどキャッチできましたが様子が変・・・
アタリが全くなく餌がかすめ取られます。
なかなか状況を打開できずに、ずるずると枚数を重ねる展開になりました。

12時過ぎ、佐々木のハイライト~そして終わりへ~

なんとそのまま12時近くまで、ずるずるとお互い枚数を重ねる展開に。
これといったパターンも少なく、10枚を超えてから荒井様終始リードの展開に。
ポイントを大きく移動した2流し目、当日のハイライトが。
佐々木氏突然の覚醒で、1投1枚で釣れていきます。
2枚差まで詰め寄り、このまま逆転かと思われましたが、なんとハイライトは20分程度でおしまい・・・
その後は、荒井様が今シーズン磨きをかけてきた釣りに粉砕され、最終28:38で完敗となりました。

当日のワンポイント

はっきり言って、過去最強クラスに難しかったです。
エサ取りの数だけで言えば、かなりのポテンシャルは感じました。
が、まったくアタリを出さない、サイレントな魚が相当数おり、お手上げでした。
メタルなら獲れるのかと思いきや、荒井様も状況は変わらずのようで、ここまで目にも手にも出ない超高難易度な魚を終始相手にするのは初めてでした・・・

そんな中でも拾えたのは、ゼロネオフックのおかげです。
形状としてはハゲ針ですが、イメージとしては吸わせ系として使えます。
ゼロネオフックだったから取れた魚もおり、バッグに1袋は入れておきたい針ですね。

まとめ

釣果としてはさみしく、荒井様にフルボッコにされてしまいましたが、バラシは少なく、内容としては悪くなかったです。
竹岡の魚を十二分に楽しめたので、いい釣行になったかと。

竿やリールに興味がある方はコチラの記事↓もご確認ください。

宣伝~釣り教室実施します~

そんな若手カワハギ界最強の荒井様(ダイワ・船最前線ブロガー)とカワハギ釣り教室をやらせていただきます。
概要・募集方法は荒井様Twitter(リンク)を確認ください。
第一回の様子・講師プロフィールは以下に記載しておりますのでご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました