最盛期突入!な竹岡沖の釣行

釣行記
スポンサーリンク

久々のプライベート釣行に行ってきました~

釣行概要とタックルデータ

まずは釣行概要とタックルデータです。

日付2021/11/21(日)
天気曇り
釣り物カワハギ
船宿金沢八景・弁天屋さん
ポイント竹岡沖/18~25m
釣果30枚

本日のメインタックルは黄色マーカーを入れています。

ロッドリールライン
その1シマノ
ステファーノ攻H177SP
シマノ
ステファーノ201XG
ダイワ
UVF PEデュラセンサー×8+Si² 1号
その2 シマノ
ステファーノリミテッド175
シマノ
ステファーノSS 101HG
ダイワ
UVF PEデュラセンサー×8+Si² 1号
その3シマノ
ステファーノXR M180
シマノ
ステファーノSS 101HG
ダイワ
UVF PEデュラセンサー×8+Si² 1号

カワハギの基本的な釣り方はコチラの記事↓もご確認ください。

釣行記

ありがたいことに釣り教室が続き、久々のプライベート釣行に弁天屋さんに訪問してきました。

朝~中盤までの状況

あさイチこそ、上げ潮の残りで澄んだ潮がありましたが、基本は終始下げ潮、濁りの入った潮状態での釣りでした。
キャストを中心に釣りをしますが、群れがいる場所に入ると2,3枚釣れることがある・・・という形で、基本は拾い釣りの様相でした。
基本はべた底の魚が多く、竹岡のスタンダードな釣り方を通すほうがよかったように思います。

終盤は上げ潮が流れ出し・・・

期待していた上げ潮が、最後の1時間で流れ出しました。
この上げ潮に賭けて、当日はミヨシに陣取っていました。
そこからはパターンを掴めたのも相まって、コンスタントにアタリを出すことができました。
しかしどうしても1つ目の餌で綺麗にかけることができず手返しが悪い・・・
当日の反省はそこにつきます(;^ω^)
結果最後1時間で12枚追加でき、30枚と満足いく枚数で納竿となりました。

当日のワンポイント

アタリを掛けるあたり・首を振らせるアタリ、これの見極めが特に大事でした。
また針はスピードの7号を使いましたが、今になってくわせのほうがよかったのでは・・・と反省しています。
魚のサイズもそこまで大きいわけではないので4.5号あたりがベストかなと・・・

まとめ

当日は非常に満足いく釣りになりました。
拾う時間は1枚ずつ拾い、最後に固めるという理想的な展開になりました。
それもこれもすべては船長の抜群の操船、あとは竿のおかげです。
攻H177SPはやはり素晴らしいロッドだなぁと実感しました。

竿やリールに興味がある方はコチラの記事↓もご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました