釣り初め&年始釣行まとめ

釣行記
スポンサーリンク

釣り初め~1/9までの4回の釣行をまとめてみました。

カワハギの基本的な釣り方はコチラの記事↓もご確認ください。

1/2 初釣り:28枚

初釣りの釣行概要とタックルデータです。

日付2022/1/2(日)
天気晴れ
釣り物カワハギ
船宿松輪・瀬戸丸さん
ポイント下浦沖/18~30m
釣果28枚

初釣りはもちろん瀬戸丸さんから。
年末から調子のいい下浦沖での釣行でした。
あさイチ一投目こそ逃しましたが、次の流しで1枚を上げられ安心できました。
2時間はポツポツと拾えましたが、アタリ数は相当あるのですが、とにかくかけられない・・・
そして掛けてもバラシが多く反省点が多く残る初釣りになりました。

ただ、普段では狙っても釣れない30センチオーバーが2枚も釣れ、今年は何かが違う気がした初釣りでした。


ただばらすだけではなく、翌日の釣りのヒントを掴んで帰ることができました。

1/3 リベンジ釣行:42枚

リベンジ釣行の釣行概要とタックルデータです。

日付2022/1/3(月)
天気晴れ
釣り物カワハギ
船宿松輪・瀬戸丸さん
ポイント下浦沖/18~30m
釣果42枚

前日の釣りの改善点を検討し、リベンジ釣行と銘打っての釣りです。
ポイントは同じ下浦沖で、まさに昨日の再現をできる海でした。
前日と条件は似ており、あさイチはアタリがポツポツある展開です。
前日との違いは、アタリ数は前日より少なく1回のアタリで何とか拾っていくしかない・・・
ただ、アタリがあってからの誘い・竿・針を見直した結果、フッキング率/アタリ数が上昇し、前日と枚数の伸び方は同じ形に。
当日のハイライトは、最後1時間、活性が上がり、アタリ出しまでに時間をそこまで要さず数の伸びが増しました。
結果、バラシ・かけ損じを大幅に減らせ42枚と納得の枚数を釣りあげられました。

1/8 楽しい釣行:22枚

楽しい釣行の釣行概要とタックルデータです。

日付2022/1/8(土)
天気晴れ
釣り物カワハギ
船宿松輪・瀬戸丸さん
ポイント下浦沖・毘沙門沖/・剣崎沖18~30m
釣果22枚

1/2,3の釣りで新しい自分の釣りが見えてきたので、それの再現のための釣行に。
あさイチ1.5時間でツ抜けと、1/2,3で見えてきた釣りがいい形になっているのを実感しました。
しかし水温が急に1度以上下がったため、魚の活性が低下、ポイント変更に。
その後はかなりアタリが遠いという形ですが、最後2時間で新しいポイントを見つけてくださり、ポツポツと拾えるようになりました。
ただばらしが相変わらず多いのがいけてないところ・・・

1/8 楽しい釣行②:13枚

楽しい釣行②の釣行概要とタックルデータです。

日付2022/1/9(日)
天気晴れ
釣り物カワハギ
船宿松輪・瀬戸丸さん
ポイント下浦沖・毘沙門沖/・剣崎沖18~30m
釣果13枚

当日は(佐々木にしては珍しく)釣友との連座での釣行。
朝から会話が楽しくて楽しくて・・・
水温低下に伴い各所活性低く、かつ沖からのうねりもありエサ取り悪く苦戦を強いられました。
しかし要所で数を拾え、なんとかツ抜け達成。
とはいえ、内容が最悪、ダブルで掛けて2枚ともバラす、といった体たらく。
船長さんに申し訳なかったです・・・

渋い海の攻略とは・・・

渋い渋いといわれていますが、魚数は絶対的にいます。
アタリを出すための誘い幅が、最近では狭くなっていると感じます。
ですので、今より釣りを2段階ほど丁寧にし、かつ針のセッティングも1から見直しました。
今までは吸わせ系をメインとしていましたが、いい状況も悪い状況もあるため、ハゲ針系を多めに織り交ぜる形にしています。
ハゲ針はやはりがまかつ・速攻シリーズが安定ですが、ダイワ・ネオフックも要所でかなりの仕事をしてくれます。
この2種類があれば、対応できる幅が広がるなぁと思います。

竿やリールに興味がある方はコチラの記事↓もご確認ください。

宣伝~釣り教室やらせていただきます~

若手カワハギ界最強の荒井様(ダイワ・船最前線ブロガー)とカワハギ釣り教室をやらせていただきます。
概要・募集方法は荒井様Twitter(リンク)を確認ください。
第一回の様子・講師プロフィールは以下に記載しておりますのでご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました