カワハギ釣りの時期とは?肝が美味しいのは意外にも〇月!?

カワハギ
スポンサーリンク

カワハギは一般に冬がシーズンだといわれています。
そんなカワハギのトップシーズンについて考えてみました。

はじめに~カワハギのシーズンは1年中!?~

カワハギのシーズンは1年中といっても過言ではないです。
コアなカワハギファンは1年中カワハギを狙っていますし、東京湾・久比里の船宿では1年中カワハギを狙って船を出しています。
とはいえ、一般的なシーズン、時期は秋~冬、特に10月~12月がトップシーズンとなります。次からカワハギの1年を振り返ってみたいと思います。

夏(8,9月)のカワハギ~シーズンイン~

一般的に8/1をもってカワハギシーズンインとしています。
特に筆者も8/1をもってシーズンインとして、釣果の記録などを開始しています。
これは関東でも一大カワハギポイントとなっている“剣崎沖”が、産卵期のため6・7月と禁漁になるのですが、8/1をもって解禁となるためです。
夏のカワハギは、ポイントとして浅い場所をやることが多く、そして大型が多く釣れます。
冬のカワハギとは別格の引きで楽しませてくれます。
とはいえ、産卵後の魚やまだまだ産卵前の魚もいたりするため、必要最小限のキープとして釣りを楽しんでいます。

秋(10,11月)のカワハギ~シーズンに~

10月に入ると秋らしい日も出てきて、カワハギのシーズンに入ってきます。
特に例年だと、筆者も優勝経験のあるダイワカワハギオープン(DKO)やがまかつカワハギ釣り大会、シマノステファーノグランプリなどが開催されるためどの船宿・ポイントもにぎわいます。
さらにカワハギの肝のコンディションが最高になるのもこの時期です。
栄養を蓄え肝も肥大化、産卵から回復した美味しいカワハギが釣れるため筆者はこの時期がトップシーズンなんじゃないかとも思っています。

冬(12,1月)のカワハギ~荒食いのタイミングも~

冬に入り釣り人としてはきつい日が来ます。
しかし海はまだまだ水温が高いタイミングもあり、魚の活性は高いです。
特にこの時期になると、時化や潮の関係で魚が固まり、60枚、70枚といった爆釣を味わうこともできます。
剣崎・城ヶ島といったある程度水深のあるポイントが有利になってきます。

厳冬期(2,3月)のカワハギ~渋るが爆発も~

厳冬期に入ると一般の釣り人はカワハギを狙わなくなります。
筆者は船が出る限りは釣りに行きますが・・・(笑)
この時期は水深も30mより深いポイントを狙うことが多くなり、活性も低くなりがちです。
しかし水温の関係で固まるとまだまだ爆釣が狙えることもあります。
昨今水温がなかなか下がらない中、この時期にうまくいけば最高の釣りを味わうことができるかもしれません。

それ以外(4~7月)のカワハギ~さすがにいったんは落ち着く~

4月以降は船宿さんも船をなかなか出していません。
シーズンとしては落ち着くものの、釣り人が少ない分、釣技を磨くにはもってこいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
釣りのシーズンとしては長いカワハギですが、意外と肝の最高の時期は短いと思います。
皆さんもぜひカワハギ釣りにチャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました