成長を実感できた釣行~バラシ少なくチャンスをものに~

釣行記
スポンサーリンク

毎週の楽しみマルイカ釣行。剣崎沖といったら大型・着ノリのイメージですが果たして・・・!?

釣行概要とタックルデータ

まずは釣行概要とタックルデータです。

日付2021/3/27(土)
天気晴れ
釣り物マルイカ
船宿松輪・瀬戸丸さん
ポイント剣崎沖/70~90m
釣果15杯(ヤリ1杯のみ)
ロッドリールライン
その1ダイワ
極鋭マルイカRT MC
シマノ
ベイゲーム151DH
シマノ
ピットプル 0.8号
その2ダイワ
極鋭マルイカEX F
シマノ
ベイゲーム151DH
ダイワ
メガセンサー 8ブレイド 0.8号
シマノ ピットブル12 200m 0.8号

釣行記

当日は普段座らない右舷トモ寄り(右トモ2番)に着座しどんな釣りができるかチャレンジしてみた釣行記です。

朝は反応見えにくく苦戦の様相を・・・

朝イチは反応の多い剣崎沖へ直行しました。
しかし反応は薄く厚みもない反応が多く投入しにくい朝イチとなってしまいました。

ようやく見つかり投入できるようになるものの、なかなか触りを出せず1杯目を釣るまで苦労することに・・・
1時間で2杯とツ抜けも厳しいかな~と思うスタートでした。

中盤は船は止まるものの触りを出せずに苦戦・・・

船は止まることが多く流しも長くなる時間が多くなった中盤、ここでは群れが小さいのか潮の加減なのか、どうしても触りを出せずに苦戦することに・・・
とはいえ出た触りは掛けられたと思いますし少ないチャンスで2回できるところを見つけツ抜けが見えてくる形に。

終盤は風が変わりチャンスアップ

終盤12時30分過ぎから、風向きが変わりチャンスアップ。
右舷側で乗り出すことが多くかつ群れの抜ける方向トモ寄りになることもあり追加することができるように。
そして出た触りを逃さず掛け、なんとかかんとか15杯まで数を伸ばすことができました。

まとめ

活性の低い部分もあったものの、出た触りや少ないチャンスを活かしなんとか15杯まで数を伸ばせました。
トップは38杯とダブルスコア以上でしたが内容は悪くなく、成長を実感できた1日でした。

タイトルとURLをコピーしました